女装の難問!靴の選び方

メイクも衣装もある程度できた! そこまできたら男の娘まであと少しです。 実はここで意外な難関があるんです。

それが「靴選び」 女性用の靴はサイズが小さく、かわいい!と思った靴が入らないことはたくさんあります。 また、ちょっと大きめの女性用の靴を購入してもいざ履いてみるときつかったということも・・・ 「室内でしか女装の撮影しないので靴は不要」という人もいるかもしれませんが、靴があることでイメージが大きく変わります。

ここではどのように女装用の靴を選べばいいのか、選び方やおすすめの靴の種類などについて紹介していきます。

男の娘にあった靴ってどんなもの?

女性用の靴にはいろんな種類がありますが、ここではいくつかおすすめの靴の種類を紹介します。

ローヒール

ヒールの低いフラットな靴です。 ヒールの高さが3~5センチなのであまり身長を高く見せたくない人にもおすすめです。 ローヒールはかわいいデザインの靴も多いのでガーリー系の服とも相性がいいです。 かわいらしい恰好を好む男の娘におすすめです。

管理人コメント

「女性の靴といったらハイヒール!」と思う人もいると思います。

しかし、女装初心者でいきなりハイヒールはハードルが高いです。 足元がふらつき、歩きにくいので、「女性はよくこんなもの履いて歩けるな・・・」というのが正直な感想です。

まずはローヒールに慣れてからハイヒールを履くことをおすすめします。 ローヒールでも十分ヒールの靴をはいている気分になれますよ。

フラットシューズ

フラットシューズはヒールのない靴です。 バレエシューズ、ローファー、スニーカーなどもフラットシューズになります。 女装して外出するなら、フラットシューズがおすすめです。 横幅の広いデザインも多いので、足のサイズが大きいという男の娘も履ける靴を探せると思います。

ブーツ

ブーツはロングブーツ・ブーティーなど様々な形があります。 コスプレでもよく使われるアイテムで、サイズも豊富です。 また、身長を気にしなければヒールの高いものも選べます。 ヒールの高いブーツは、足が長く見えるのでセクシーに見せたい人や、足を強調したい男の娘におすすめです。

自分の靴のサイズを正しく知ろう

女装用の靴を選ぶ際に重要なのは、自分の足のサイズを正しく把握することです。 自分の足のサイズって、意外とアバウトにしか知らなかったりします。

また、女性用の靴を選ぶ際に重要なのが横幅です。 男性用の靴と比べると、女性用の靴は横幅が小さい傾向があります。 横幅まで把握することで、自分に合った靴を選ぶことができます。 サイズの測り方について紹介します。

サイズの測り方

まず、靴の「サイズ」と呼ばれるものは、足の長さです。 足の長さをしっかり測ったことがあるという人は少ないのではないでしょうか。

サイズの測り方
  • ストッキングやタイツを履く

    (より実測値に近くなるため)

  • 足の一番出っ張った部分

    (親指・人差し指など)

    から、かかとの一番後ろのでっぱった部分までの長さをメジャーなどで測る
  • 右足・左足両方計測する

    (差があれば大きいほうを自分のサイズとする)

右足・左足でサイズが違うということはよくあります。 小さいほうはインソールなどで調整できるので、大きい方を自分のサイズとして覚えてください

ワイズの測り方

ワイズとは、「足幅」のことです。 サイズが合っていても、ワイズがあっていなければ履けない、きついということになります。 ワイズはこのように測っていきます。

ワイズの測り方
  • ストッキングやタイツを履く

    (より実測値に近くなるため)

  • 親指の根元で一番出っ張っている部分と、小指の根元で一番出っ張っている部分をメジャーで一周する
  • 右足・左足両方計測する

    (差があれば大きいほうを自分のサイズとする)

サイズ同様、ワイズも右足・左足で異なることがあります。

女装用の靴を探すなら通販がおすすめ!

女性用の靴を探すなら、通販が一番おすすめです。 通販がおすすめなのは下記のような理由があります。

通販メリット1:サイズ表記がしっかりしている

店舗にある女性用の靴。 一見よさそうに見えてもサイズ表記は「L」や「LL」のみという場合もあります。 見た感じだけで「履けると思う!」というノリで購入してしまうと、 サイズが合ってないということも。

店舗の靴の場合、ワイズが表記されていなかったり、Lサイズの具体的な数字がなかったりなど、 履いてみるまで分からない部分があります。

しかし、通販なら実物がない分、サイト内にしっかりサイズもワイズも表記されています。 ヒールの高さや、色合いなど、細かく知りたい点もほぼ網羅されています。 通販なら自分に合ったサイズの靴を購入できるので、失敗が少ないのです。

通販メリット2:店舗にいかなくていい

そもそも女装用の靴を購入するために、ショップに行くのはハードルが高いです。 一人だろうが、彼女や友人が一緒だろうが、私にはとてもショップに行く勇気はありません。 また、女性専用の靴のショップの場合、自分のサイズに合った靴がそもそもないということもあります。 女性用のLサイズ・LLサイズが結局入らず、断念するのはつらいことです。

通販の場合、店舗に行くというハードルがないので、だいぶ靴も選びやすくなります。 大きめの人用など、サイズも豊富なので自分に合った靴を選ぶことが可能です。 女性用の靴を男性名義で購入しても、特に問題ありません。

通販メリット3:試着ができるところもある

サイズ・ワイズともに合っていても、靴は実際に履くまでわからないということもあります。 通販サイトによっては、試着ができるところもあります。 実際に履いて、合わなかったら返却・または交換できるというものです。 サイトによって返却や交換できる期間や条件は異なります。 もし靴を通販で購入するのが不安だという人は、試着できるサイトを探すのがいいと思います。

服に合わせて靴も選ぼう

女装するうえで、服を選ぶのって楽しいですよね。 それと同じで、服に合った靴を選ぶのもまた楽しいものです。 なかなか自分に合ったサイズを探せなくて困っている人もいるかもしれませんが、探せば必ずあります! 服も靴も自分の理想にあったものを選んで、女装を楽しんでいきましょう!

ミクリヤ

記事が良いと思ったら、下のボタンからシェアお願いします!