ギャルメイクが「自分の顔のこの部分、、もっとこうだったらいいな・・・」という願いをかなえてくれます。

ギャルメイクは写真映えするメイク方法が詰まっているのです。

いつもの女装メイクにギャルメイクを取り入れてみませんか。

ギャルメイクってどんなメイク?

メイク道具一式

そもそもギャルメイクとはどのようなメイクなのでしょうか。
ギャルメイクでは、目を大きく見せることが重要です。

マスカラ、つけまつげ、アイプチ、アイライナー、涙袋メイクを駆使して目元を盛ることが命!
リップは薄い色味にして目の印象をより強めます。


口元を控えめに、目の印象を強めることで小顔効果もあるので人気のメイク方法です。
今でもギャルメイクと言えば、このメイクをなんとなく想像する人が多いのではないでしょうか(^^)

ギャルメイクは時代やメイクの流行に関係なく、目を大きく印象的に見せたい人に最適なメイク方法なので、アイメイクの基本としてぜひマスターしておきたいメイク方法です。

ギャルメイクがおすすめな理由

ギャルメイクは、目元を強調するだけでなく顔のパーツをくっきり・はっきりと立体的に見せてくれるメイク方法。

そのため、目鼻立ちがはっきりとした顔になります。

女装では写真を撮る機会が多いので、写真の出来栄えはとても重要です。

写真写りが良い人は男女共通で目鼻立ちがハッキリしている人が多いと思いませんか?芸能人も写真、テレビ写りが良くなるように専用のメイクをしています。

同じように女装メイクでも、ギャルメイクの知識があればいつでもベストな自分の写真を撮ることができますよ。

プロの力を借りずに自分でお気に入りの女装写真を撮る方法のひとつとして、ギャルメイクをマスターしてみましょう。

ギャルメイクを始める前に。

ギャルメイクや女装メイクをする前に、肌を良い状態に整えておくことも大切。

洗顔で皮脂をしっかりと落とし、丁寧にスキンケアをしましょう。

男性の肌は女性に比べて、皮脂が多く水分が少なめです。そのため男性向けのスキンケアシリーズで肌を整えていきましょう。

オルビスミスター
オルビスミスター

価格:980円(税込)
男性の肌に合わせて開発されたオルビスミスターは、べたつきや乾燥を1ステップで整えてくれます。
公式サイトは洗顔フォームとオールインワンジェルがセットだから、それぞれ買いそろえる手間も省ける♪
今なら顔色補正クリームもお試しセット付!!

また今風のギャルメイクに仕上げるためには、肌のツヤ感が大切。
顔のうぶ毛処理やひげ処理などは丁寧に♪

空いた時間に手軽に自宅で脱毛ができる、家庭用脱毛器ケノンがあれば全身脱毛ケアも簡単です。

今風ギャルメイクの特徴

現在のギャルメイクの大きな特徴は“抜け感”を取り入れたメイクです。

抜け感とは『自然体、柔らかな』という意味があり、今のギャルメイクはこのナチュラルさをいかすのがトレンドです。

ちぃぽぽ公式Instagram

ちぃぽぽ公式Instagram

今のギャルメイクでは、顔のパーツのどこか一部分は盛って、それ以外の部分は控えめにするという引き算メイクが主流です。
例えば派手なカラコンには控えめなアイシャドウ、鮮やかなリップを選んだらチークは薄く、というようにどこかに抜け感をだしていきましょう。

さらに今風ギャルメイクは大きく二つに分かれています。

一つ目は甘めなギャルメイク。
二つ目はかっこいい系のギャルメイクです。

真逆の2つですが、カラコンとつけまつげは必須アイテムで目元を盛ることは忘れずに♪

【ギャル四天王】メイクのポイント

まずは現在のギャルメイクの流れを下記にまとめました。

    ギャルメイクのポイント
  • カラコンとつけまつげは好きなタイプを選択
  • アイシャドウはゴールドやブラウン系
  • 口元は鮮やかな色をチョイス
  • 肌はマット、またはツヤタイプのファンデーションやリキッドで仕上げる
  • チークはふんわりとつける
  • 輪郭にシェーディングを入れる

こう見てみると、ギャルメイクは昔も今もそこまで大きく変化はありません。

変わっていくのは化粧品の流行です。
ギャルメイクの基本ポイントをおさえて、旬のメイクアイテムを使用すれば、簡単に今風のギャルメイクができますよ。

次にギャルメイクを参考にするうえで欠かせない、ギャル四天王とよばれる4人のメイクの特徴を見ていきましょう。

にこるん

ザ・ドールメイクのにこるん。

可愛い目元が特徴ですが、印象的な目元になるカラコンとつけまつげで、さり気ないギャルメイクをしています。
やはり抜け感を取り入れているので、アイシャドウは落ち着いたブラウン系、アイラインは目尻に向けてタレ目気味に引いています。

そしてカラコンはにこるんプロデュースの、Marble by LUXURYを着用していることが多いようです。
このカラコンは レンズ全体の直径が14.5mmと大きく、まあるくかわいらしい瞳になります。

リップはマットタイプの赤やピンクの鮮やかな色で、にこるんのかわいい唇がより強調されています。

このように自分の顔のパーツで自慢できるところを強調することは、メイクでとても大切です。

女装子さん、特に可愛い系の女装メイクが好きな人はぜひ参考にしてみてくださいね。

にこるんカラコン
Marble by LUXURY

にこるんプロデュースカラコン
14.5mmのサイズで可愛い目元を演出♪

みちょぱ

みちょぱメイクは王道のハーフギャルメイクです。

はっきりとした二重に、大きな瞳、鮮やかな口元。
オーソドックスなギャルメイクをしたいと思ったときは真っ先に参考になると思います。

みちょぱの素顔はすこし幼い顔ですが、メイク次第でこのように華やかな印象をつくることができるのです。

そんなみちょぱに手っ取り早くなる方法は、みちょぱプロデュースのカラコンとつけまつげを使うのがおすすめです。

みちょぱカラコン
Dope Wink

最強に盛れるカラコン!
フチが濃いからデカ目効果&ナチュラル盛れ♡

みちょぱは時代に流されず、派手メイクを貫いています。
そんな彼女に共感する女性は多く、その証拠にさまざまな媒体でみちょぱメイクの特集記事を多く見かけます。

みちょぱメイクの方法は下記ページで詳しく書いていますのでご参考ください。

ちいぽぽ

ちいぽぽちゃんメイクの特徴は甘顔のギャルメイク。
ベースはギャルメイクなのですが、甘めの雰囲気と透明感を大切にしたギャルメイクです。

やはり彼女も“抜け感”を大事にしていて決して派手なギャルメイクにならないように調整しています。

そんなちいぽぽちゃんも自身プロデュースのClaire(クレア)という販売しています。
ちいぽぽちゃんのカラコンは色素の薄いピンク系やグレー、ブラウンの色味が可愛く、女装にもバッチリ合いますよ。

全体的にふんわりとした印象のメイクなのでロリータ系の女装ファッションにも合います。
とことん女の子らしい女装をしたい女装子さんにおすすめです!

ちぃぽぽカラコン
Claire

ちぃぽぽプロデュースカラコン♪
主張しすぎない14.2mmのサイズ感でディリー使いしやすい♡

ぺこ

ぺこちゃんのメイクは、ギャル四天王の中でも個性的な色素薄い系ギャルメイク。

アイシャドウは主にゴールド系、または赤味系ブラウンをベースにしています。
まつエクはオレンジゴールド系とこだわりが見えますね!

そんなカラフルなアイメイクに負けないように、カラコンはオリーブやブルー、グレー系を着用していることが多いです。
彼女の外国人風のファッションにもとても合う柔らかな雰囲気になっています。

でぱっちり二重に、鮮やかなまつげと唇は外国人の可愛い女の子風ギャルメイクです。

他の女装子さんと差をつけたい人はペコちゃんギャルメイクがおすすめ!

ペコカラコン
LIL MOON

おすすめのハーフ系カラコン♪
外国人風ギャルメイクの仕上げに♡

【メイク方法】ギャルメイク

アイシャドウ

アイシャドウパレット

今風のギャルアイメイクでは、外人さんのように目元の彫りを深く華やかに見せることが大切です。

そんなアイメイクを叶えるために使用するアイシャドウは、ゴールドやブラウン系のアイシャドウ、またはラメ感の強い単色のアイシャドウがおすすめです。
最近ではプチプラと呼ばれる価格の安いアイシャドウでも、デパートで販売されているコスメに劣らない発色でとてもきれいに仕上がります。

単色のアイシャドウを使う場合は、ラメやパール、グリッター(輝きが強いパウダー)タイプをまぶた全体に広げて目元を印象づけましょう。

明るい色~濃い色と塗ることで濃淡のグラデーションをつけることができます。

アイライン

アイライナー

現在のアイライナーのトレンドは、タレ目風と跳ね上げアイラインの2通りです。

それぞれのラインの引き方を紹介していきます。

タレ目ライン

アイライナーを自分の目の形に沿いながら目尻に向かって「下げて」引きます。 引いたあとは自然なラインになるように、綿棒でぼかすとGOOD!

跳ね上げライン

目尻から跳ね上げたラインは目尻から3mmから5mmの長さで眉毛の方向に向けて少し跳ね上げ気味に引きます。
線が太くならないように、気を付けるのがポイント。

このようにアイラインはかっこいい系にしたいのか、可愛い系になりたいのか。
自分がなりたいイメージを明確にすると失敗が少ない
です。

一重さん向けのギャルアイメイク

一重さんは切れ長でセクシーな雰囲気が持ち味です。
その長所を生かしたアイメイクをしていきましょう。

一重さんの場合、単色のアイシャドウを使って目元に透明感を出しましょう。

目を大きく見せるためにグラデーションじゃなくて大丈夫なの?と心配になると思いますが
単色アイシャドウはかえって奥行きが出て、色っぽい目元になれます。

    一重さんアイメイク基本
  • つけまつげもアイライナーも目尻を強調したタイプを使う
  • アイシャドウは単色でパールやラメ入りのタイプで立体感を出す
  • 上まぶた内側の粘膜を塗りつぶす
  • 涙袋にパール系で光を足すことを忘れずに
  • 長めの細いアイラインをひく

奥二重さん向けのギャルアイメイク

奥二重さんのアイメイクでは二重幅を消さないようにメイクをすることが重要です。

奥二重さん用のアイメイクの基本を守り
自分の好きなカラコンを装着すればギャルアイメイクの完成です。

    奥二重さんアイメイク基本
  • 二重幅のところに濃い色のアイシャドウは使わない!
  • ┗アイホール全体に単色またはラメ入りの明るめのベージュをのばして、二重幅に明るめの締め色をのせると良い

  • パール系アイシャドウはなるべく使用しない
  • ┗アイホール全体に単色またはラメ入りの明るめのベージュをのばして、二重幅に明るめの締め色をのせると良い

  • 目尻を強調したアイメイクをする
  • ┗目尻から2~3mmほどはみ出してラインを引く
    ┗目尻に向かってボリュームのあるタイプのつけまつげを使う

  • アイラインは一気に最後まで引かない
  • ┗細く長く引く
    ┗目を大きく見せるためにアイラインの色は黒で

大久保

奥二重さんの眉毛は太めに、目と眉毛の間の距離を短くすると重く見えがちなまぶたが軽い印象になるよ。

まつげ

ギャルアイメイクに合うつけまつげは適度なボリュームがあるもの、または目尻に向かって切れ長になっているタイプがベストです。

つけまつげは、なりたい目のイメージで使い分けましょう。
タレ目メイクをしたい場合は、まつげの中央にボリュームがあるタイプ。
切れ長のアイラインを引いた場合は目尻に向かって毛束が増えていくタイプのつけまつげがおすすめです。

つけまつげの形を問わず、女装メイク初心者でも使いやすいつけまつげを選ぶポイントは下記の二つです。

  • 軸の部分が太い(固定されやすく、重めのまぶたをおしあげてくれる)
  • 毛先がクロス状(本物のまつげと違和感なくなじむ)

つけまつげの形ひとつで、女装のファッションや気分によって雰囲気を変えられるのも便利ですよね!

アイブロウ

   

ギャルメイクで人気の眉毛の形は、平行眉毛や太眉のふんわり眉毛

スクリューブラシで毛流れを整え、眉毛メイクをはじめます。
最後に、アイブロウパウダーを使って眉毛全体の隙間を埋め、全体をふわっとさせるようにしましょう。

そして眉マスカラは必須。
色は基本的に明るめの色を選んでください。
自分の髪の色よりも明るめの色を選ぶと、あか抜けた印象になります。

アイブロウパウダーやブラシ、ペンシルを活用して作るトレンドの眉毛。
自前の眉毛はきっちり整えられていない方が太い眉が作りやすいので、剃り過ぎないように注意してくださいね。

カラコン

ギャルメイクで着用するカラコンは、色が明るめで、インパクトの強いカラコンを選びましょう。
派手なギャルメイクになじみます。

ちなみにみちょぱやにこるん、ちいぽぽプロデュースのカラコンは、色素が薄いタイプでかつ、フチありの明るめのベージュ系やヘーゼルブラウンで印象強い目元になるカラコンです。

カラコンは一瞬にして雰囲気を変えてくれるアイテムなので、いつもとは違う自分を表現する女装メイクには欠かせません。

涙袋

涙袋はギャルメイクでも欠かすことができません。

涙袋があることで目の幅が大きくなり目力UP!そして女性らしくやわらかな印象を与えてくれます。

    涙袋を作る手順
  • 薄いベージュやブラウンのパウダーで目の下に影をつける
  • 影をつけたら黒目の下のふくらみに薄いブラウンのリキッドアイライナーでラインを引き、綿棒でぼかす
  • 薄いピンクやベージュ系のパールやラメをのせて立体感を出す

立体感を出したり影をつける際に使用するパウダーは、自分の肌色になじむ色を選びましょう。

白っぽいラメやパウダーをのせてしまうと、悪目立ちしてしまうことも!
ベージュやブラウン系の他には、ピンクがかったベージュ系のパウダーがおすすめです。

チーク

ギャルメイクでのチークはうっすらと色づく程度にぬるのがポイント。

女装メイク初心者さんは大きめのブラシを使うと上手くいきます。

また、女性らしくやわらかな印象を与えてくれます。

そして選ぶチークの色によって与える印象も変わります。

可愛い系はピンク、大人系はオレンジやブラウンです。
ブラウンは小顔効果があるのでおすすめです。
自分のなりたいイメージで色を使い分けてみましょう。

この時口紅とチークの色味を合わせると顔全体に統一感が出て、上品に仕上がるのでぜひ試してみてくださいね。

リップ

リップを塗る女性

今風のギャルメイクではどんな色のリップが合うのでしょうか。

人気のギャルたちを見てみると、ピンクや赤など鮮やかな色のリップメイクが多いようです。
パキッとしたかっこいい系ギャルになりたい場合は赤、可愛い印象を与えたい場合はピンクが良いですね。

中には鮮やかな赤やピンクだと、ケバくなってしまわないか心配な人もいるでしょう。
ですが今人気の鮮やかなリップは透け感のあるものが多く、塗り重ねても派手な印象にはなりません。

オススメのリップはM・A・C(マック)のリップ。
M・A・Cのリップは、ツヤのあるマット系が多いので大人っぽく洗練された印象の口元になれます。

リップは選ぶ色で雰囲気がガラッと変わるので、なりたいギャルのタイプで選んでみましょう。

【系統別】ギャルメイク

大人・清楚系

大人・清楚系ギャルメイクでは「切れ長」な印象をつくることがポイント

眉毛は太めに角度をつけた眉が大人・清楚系ギャルメイクに向いています。
その時眉毛だけの存在感が大きくならないよう、アイブロウパウダーや眉マスカラでふんわりと仕上げましょう。

アイシャドウはラメやぎらつきの少ないマットやパール系のブラウンやベージュ系を。
アイシャドウのパウダーで目を優しく囲むようにメイクをすると、目元に大人っぽい陰影をつけられます。

次に大事なのが肌(ベースメイク)です。
大人っぽく、かつ清楚系に見せたい場合はマットな色白肌を目指しましょう。

まつげは目尻に向かって濃くなっていくもの、カラコンは色素の薄いグレー系がおすすめです。

このように見てみると、派手ではないですがさり気なく盛っているのが特徴。
いつものメイクでは物足りないとき、大人・清楚系ギャルメイクでさりげなく盛るのもおすすめです。

ハーフ系

ギャルメイクに今どきの華やかさを足したのがハーフメイク。

大きな瞳や高い鼻、それらがさらに際立つ小顔などなど、海外モデルのような顔に近づける方法を伝授します。

ハーフメイクでは顔の各パーツのメイク方法をいつもと少し変えるだけでOK

ハーフ系

まずはアイシャドウ

色は濃いめでしっかりとグラデーションができる色がセットされたアイシャドウを選びましょう。
大粒のラメ入りよりはパール系、マットタイプが良いです。
さらにおすすめなのはゴールドや深いブラウン、ボルドーのアイシャドウです。

次にリップ
ハーフメイクでは、ボリュームのある口元にするのがポイント。

リップメイク

もともと唇に厚みがある人は、リップグロスでボリュームを足しましょう。
唇が薄い人は肌なじみの良いリップペンシルで、輪郭をオーバー気味にとり、リップを直塗りすると良いですよ。
リップの色は顔色が良く見える赤やローズ、ピンク、ボルドー系の色を。

チークもリップ同様、血色の良い色味を選ぶのがポイント。
例えば肌になじむアプリコット色やローズ、オレンジ、ピーチ系です。

シェーディング・ハイライトについては次の章で見ていきましょう。

ハーフ系のシェーディング・ハイライト

ハーフメイクの総仕上げはシェーディング・ハイライトです。

ハイライト

日本人の顔は清楚な印象を与える平面顔なので、ハイライト・シェーディングを効果的に入れて顔を立体的にしていきましょう。

シェーディングとハイライトはセットで考えるとメイク初心者さんでも簡単です。
下記の場所に入れてみましょう。

    顔を立体的に見せる方法
  • シェーディング:輪郭・眉頭から鼻筋のわき・小鼻のくぼんでいるところ・チークを入れた部分の下・生え際全体
  • ハイライト:Tゾーン・涙袋の下・頬のいちばん高くなっている部分・あごの先・目頭
  • 仕上げにフェイスパウダーを薄くのばす

Tゾーンに入れる際は、縦に細く入れるのがポイント。

顔全体を鏡で見たときに、シェーディングとハイライトの差が目立つ場合は、境目を軽くぼかしましょう。

シェーディングは濃く入れようとするのではなく、さり気なくが違和感なく仕上げるポイントです。
さり気なくても大きな効果を発揮するのがシェーディングやハイライトの魅力。

シェーディング・ハイライトはハーフギャルメイクだけでなく
いつものメイクに取り入れるだけで印象深い顔になれます

写真写りも断然変わるのでぜひ試してみましょう!

カラコン・つけまなしのギャルメイク

ギャルメイクはしたいけれど、カラコンやつけまつげはつけたくない…
という方におすすめなのが“裸眼メイク”と呼ばれるメイク方法です。

ナチュラルメイクが好きな女性の多くは裸眼メイクをしています。

裸眼メイクでは目に奥行きを出すこと、黒目がちに見せることがポイントです。
まぶた全体に濃すぎないブラウンやゴールド系のなじみ色を使い、彫りの深いアイメイクを意識しましょう。

    裸眼メイクの注意点とポイント
  • アイシャドウは濃すぎない肌になじむベージュ、またはピンクブラウン系
  • アイラインは細く長く引く(太くすると目が小さく見えてしまう危険性あり)
  • 眉毛はカーブのない平行眉(平行眉と目力は比例します)
  • 下まぶたの目尻から黒目まで、1/3のところにアイシャドウで影をつける
  • 黒目下の粘膜にアイラインをひく
  • 上下まつげにしっかりとマスカラをつける
  • チークとリップは控えめに(目の印象を消してしまわない色)

上記のポイントをしっかりとおさえて目元を強調してみましょう。

みちょぱメイク特集

現在でこそギャルメイクにもナチュラルさを取り入れる流れはありますが、みちょぱのようにオーソドックスなギャルメイクも変わらず人気です。

みちょぱメイクには下記のような特徴があります。

  • うっすら小麦色のマット肌(色白さんはシェーディングだけでもOK)
  • ぱっちりとした二重
  • 跳ね上げた長めのアイライン
  • 発色の強いカラコン
  • マットでツヤのある鮮やかな口紅
  • 眉山のない平行眉
  • 明るめの眉マスカラ
  • 筋の通った鼻
  • 薄めのオレンジチーク

どれも顔の各パーツを全て際立たせるメイク方法です。
意思のはっきりとした強めの女性という印象も、みちょぱメイクが人気の理由なのでしょう。

ギャルメイクで人気のコスメブランド

M・A・C(マック)

メイク好きな女性の間で昔から愛用者の多いマックコスメ

特にギャルメイクでは昔からギャルたちが愛用しています。

その理由としてハイライト効果の強い化粧下地や、顔を立体的に見せるチークなど、
海外セレブのような彫りの深い顔になれるアイテムが揃っており、その願いを実現させやすいコスメです。

メイクの肝であるベースメイクは崩れにくくツヤ感があり、アイシャドウは国内コスメブランドではなかなか見かけないカラーバリエーションです。
光をあつめて肌をきれいに、華やかに仕上げてくれるタイプが多いのも大人気の理由です。

マックコスメの理念も素敵で「すべての人種、性別、年齢のために」に基づいて発表される化粧品は、
日本人顔でも海外セレブのようになれるかも…という気持ちになります。

そのような魅力がメイク初心者からプロのメークアップアーティストまで、世界中の幅広い人々に愛用され続けている理由なのでしょう。

ギャルメイク動画

ギャルメイク初心者だった私は、たくさんのメイク動画を参考にしてきました。

メイク動画の良いところは、例えばデパートの化粧品カウンターやメイクが上手なお友達から、目の前で直接メイク指導をしてもらっているかのように方法やコツを教えてもらえる点です。
同時にどのメイク用品を購入したらよいかもすぐにわかります。

スマホ片手に後から何度も見返すことができるのも動画のメリットですよね。

それではギャル雑誌やテレビで活躍するギャル3人の人気メイク動画を紹介します。

伊藤桃々

【驚愕】ギャルモデル伊藤桃々の毎日メイク2020年ver.

ももメイク動画
大久保

男性ウケの良いメイクが桃々ちゃんギャルメイク♪

ゆきぽよ

                

🌸2020年春メイク🌸【ゆきぽよ】

ゆきぽよ動画
大久保

ゆきぽよ2020年春バージョン動画もオススメ♪

【ギャル】関連雑誌紹介

egg

・10代~ティーンエイジャー向け
・大洋図書
・509円(税込)
・ギャル系雑誌と言えばegg、ギャルならではのメイクや文化などギャルについて知りたい情報が一冊の中に!

loveggg

・10代~20代
・メディアボーイ
・998円(税込)
・トレンド感のあるギャルメイクやファッション、ライフスタイル記事が人気。

       

姉ageha

        

・20代後半~30代全般
・主婦の友社
・主婦の友社
・メイクやファッションの中に「何歳だからこうあるべき」という概念がなく、ギャルメイクをはじめ何歳になっても自分らしくあることを大切にしている雑誌。

ギャルメイクまとめ

ギャルメイクの魅力はコンプレックスをカバーでき、自慢したい顔のパーツはより強調できる点でしょう。

  • 大きな瞳
  • 長いまつげ
  • 筋が通った鼻
  • スッキリとした輪郭
  • 魅力的な口元

こうして並べてみると、まさに理想の条件のような気がしませんか?
ギャルメイクなら、それも叶うのです!

ギャルメイクで変身することもまた自分らしさの表現だと思います。

ぜひ華やかなメイクを楽しんでくださいね!

関連記事

       


MENU