補正下着でボディメイク

女装する時の見栄えって、元々の体のラインの影響を色濃く受けると思っています。

せっかく可愛い服を買ってみたのに、
いざ着けてみると男らしさが目立ってしまうというのはよくあることです。

女装のクオリティーを上げるには、
女性らしい体のメリハリをつけると良いかもしれません。

女性らしい体のメリハリをつける方法の一つが、
「補正下着を着用する」というものです。

このページでは、
3つのポイントに沿って補正下着の有効性と、
一部商品の紹介をしたいと思います。

    3つの補正下着
  • ウエストニッパー
  • コルセット
  • ヒップパッドガードル
注意点

女性用下着を購入する場合は「サイズ選び」に気を付けてください。
男女で骨格が違うので、購入後後悔しないよう、
自分にあったサイズをチョイスしましょう。

では、まず男女の骨格の違いについて個人的な調査結果を紹介し、
その後、男の娘におすすめな補正下着の紹介をしたいと思います。

男性と女性で違う、体の特徴

男性と女性は体のつくりが違います。

では順番に情報を見ていきましょう。

骨盤の傾きについて

女性は出産などに向けて骨盤に角度が付いています。
そのため、ヒップが男性よりも大きめというかです。

男女の骨盤イラスト


肋骨部分の違い

女性と男性は肋骨の数が同じですが、
肋骨下部が広いため通常だとウエストにくびれができづらいようです。

男女の肋骨イラスト


くびれができる人とできない人

ボディメイク専門店のniDomiさんの情報を参考に説明します。
まず、脇腹付近の骨盤の上に拳をおき、
肋骨と骨盤の間に拳が入って、スペースに余裕があれば、
クビレを作れる可能性があるとのことです。

くびれができる人とできない人


男女間におけるスリーサイズの違い

他にも、女性と男性のスリーサイズを比較すると大まかにですがこのような違いがあるようです。

平均スリーサイズ(男女別)
男性 女性
バスト 868mm 815mm
ウエスト 729mm 647mm
ヒップ 883mm 880mm
データの差分
バストとウエストの差 ヒップとウエストの差
男性 139mm 154mm
女性 168mm 233mm
差分 29mm 79mm

データを見ると、バストとウエスト、
そしてヒップとウエストのサイズにおいて、男女間で結構値が違うことが分かります。

※データはあくまで目安です。


これまでの情報を元にした考え

これまで述べてきた情報を元にすると、女性のプロポーションに近づくには、
ウエストを細くし、ヒップを高くする というのが有効的なのかなぁと思っています。

佐藤

ちなみに、10mmはだいたい100ページの文庫本の厚さぐらいだよ!

ミクリヤ

その例え、、イメージしやすいような、、、しづらいような。。

全体的な傾向をみると男性はメリハリが少なく、
女性は凹凸がありメリハリがある点が特徴となります(特に背中のラインが重要)。

下着メーカーの「ワコール」さんも、プロポーションのバランスを重視していて
「ゴールデンカノン」というバランス指標を作っています。
これらのデータを見ると、バランス良く見せるにはボディラインのメリハリが重要だということが分かります。

https://www.wacoal.jp/advice/want/3/

ウエストを細くする2つの補正下着

ミクリヤ

ウエストを細くするにはどうすれば良いんだっけ・・・

佐藤

ウエストを細くするには、コルセットやウエストニッパーっていう補正下着が有効だよ。

コルセットもウエストニッパーも、用途はボディラインを整えて体のシルエットを美しくするものです。
ショップによっては、ウエストニッパーとコルセットを一緒にしているところもあります。
そのため、一概には区別しづらい部分です。

一応それぞれ特徴がありますので、軽くご説明します。

コルセットの特徴
  • 素材が硬め
  • 補正力が強い
  • 着脱が少し難しい
ウエストニッパーの特徴
  • 比較的素材が硬くない
  • 補正力はコルセットより低め
  • 着脱しやすい物が多い

以上の点を踏まえると、

それぞれおすすめな人!

    コルセットがおすすめ
  • ある程度きつくても構わない
  • 体に負担がかからないよう自分で調節できる
    ウエストニッパーがおすすめ
  • なるべくきつくない方が良い
  • 着けやすさを重視したい

ウエストニッパーでウエストを引き締める

ウエストニッパーは、コルセット同様にウエストを引き締めるための下着です。
補正下着や補正下着と呼ばれることもあり、 女性らしいウエストのくびれを作るサポートをしてくれます。

ウエストニッパーはフックやファスナーの付いている物が多く、 着用しやすい点が特徴です。
健康グッズとして、妊娠中や産後に着けるマタニティウェアとしても好まれています。

コルセットでウエストを引き締める

下着でウエストを絞るにはコルセットが有効かと思います。
コルセットというのは、主に腹部から腰に密着し体型を補正してくれる下着です。
お腹と腰に巻くだけのタイプと、肩ひも付きのワンピースのような形状のものなどがあります。

肩ひも付きで上半身を覆うタイプのものは、脇のお肉などをバスト側に収める効果があるので、
脂肪などが気になる人にはおすすめかも。

コルセットは硬めなタイプなので着用後調整しづらく、 夏場は蒸れる可能性があります。

メッシュ素材のものもあり、こちらは吸水性と伸縮性に優れており、
蒸れにくく使用感も良いのでおすすめです。

コルセットはウエストを締め付けるため、
あまりきつすぎるサイズを選ぶと体調が悪くなるかもしれません。

締め付けによりダイエット効果があるという意見もありますが、
医学的な根拠は少し薄いかと思います。

そのため、長時間着用することが多いのであれば、
きつすぎない少し緩めのものを選ぶと良いでしょう。

ヒップを高くする方法

ウエストを整えて綺麗にしたらくびれゲットまでもう少し!
ヒップを少し高くしてメリハリを付けましょう。
ヒップを高くするためには、ヒップパッドガードルで盛るのが有効ですよ。

ヒップパッドガードルでメリハリをつける

ヒップパッドガードルとは、下着とお尻の間に挟むものです。
着用することにより、ヒップの位置を高くできます。
パンツと一緒にパッドが同梱されている物や、
そもそもパンツにパッドが縫い付けられている物もあります。

パッドが個別で付いてくるタイプの商品は、 装着後の位置も変更しやすいので、自分のお尻に合った状態に調整しましょう。

ミクリヤ

記事が良いと思ったら、下のボタンからシェアお願いします!